メニュー ログイン

小話番号1205
 ★
妻の目覚め

海老名 (関東)   2020-08-20
感想の投稿 感想集

妻は俺と結婚前同級生と相思相愛の中で彼からのラブレーターを大事に保管していた。俺と同棲し結婚してしまった。

同級生の誰もが吃驚のカップルでした。海老名だって吃驚ですから無理もない。そんな二人にも男女1人づつ2人の子供はでき幸せでした。

妻が男に目覚めてから生活は一変しました。同級生の彼とのことは何も話したことはありませんでしたが、あなたに処女を捧げたとこだわっていました。海老名は結婚したことでそんなことにはこだわりませんでしたが妻は同級生との交際が長かったので相当のところまでは行ったであろうと思います。

海老名は妻が初めての女。最初交合して何回か腰を振っていたら急に放出して動けなくなった。今でも覚えています。妻が処女であったかどうかなんて考えもしませんでした。

若い二人が一緒になれたのです。連日愛しあいました。2日目に出血したと妻は証拠だと赤い血の付いたちり紙を見せましたがどうでもよかった。

仕事が忙しく早朝にでかけ夜半に帰る日々が続き、妻は子育てと内職で支えてくれました。子供から手が離れ36才から近くの工場に隣の奥さんの紹介で一緒に勤める様になりました。

そのうち2人で社交ダンスに行くようになりました。隣の奥さんは如才ない方で会社出入りの業者の若い人とダンスに行っていると羨ましそうに話し、そんなときは激しく求めてきました。

休日の日に友達とダンスに行ってくると出かける様になりました。月に2~3回になり隣の奥さんも一緒だとばかり思い何の詮索もしませんでした。

ところが隣の奥さんは出かけていないのです。勤務先でも不倫関係が横行しており、海老名も人妻に言え寄られることもあり(勇気?がなくて手を出せなかった。その人妻に『海老名さん勇気ないんだから』と何度かいわれました。

派手な衣装を着て出かけることにやっと気づきました。化粧も濃くなり結構いい女になっていました。朝から出かけ夜半に帰って来るようになり、誘うと拒否されることが多くなりました。

ある日妻の後をつけました。ルンルン気分の妻は夫が疑いをもち後をつけているとも知らず離れ見ていると近くの駅の横断橋脚に妻が行くと車が寄ってきて乗り込みました。

後をつけると家から遠くないモーテルに車は入っていきました。いくら朴人参でも37才の人妻が男とラブホテルに入ったのです。

海老名は嫉妬のあまりカチカチに勃起していたのです。真面目で誘惑に応えることもできない男が妻が連れ込まれたモーテルの前で自分で吸いて発射です。

妻達は3時間近く経った頃出てきてドライブに行ってしまいました。これだけはっきり妻の不倫を確認したのに満足そうな顔して帰ってきた妻に何も言えな。情けないとほほ・・・・・・。

その頃夫婦交際が巷でもて囃され交際誌も氾濫しました。思い切って妻の了解も得ずに妻が寝ているときに盗み撮った写真を付て交際誌に投稿しました。

忘れた頃にわんさわんさと連日応募の返事が回送されてきました。ダンスの彼ではない男に抱かせてみたいとの思いも抑えることはできなくなり、妻が彼とデートした日に雄を決して妻に挑みました。

妻が見知らぬ男に抱かれる妄想に思いもよら居ない激しく妻を攻めまくりました。絶頂を見計らって妻の不倫相手の〇〇に抱かれろ叫びました。不倫相手の名前は隣の奥さんから恥を忍んでききました。会社では有名な話になっていたようです。

名前を叫んだ時の妻の反応は今でも忘れられません。海老名が妻の不倫に異常な興奮を覚えること離婚の意志など毛頭ない事。ダンスの相手とは切れて交際誌の中から海老名が選ぶ男とデートすることを話すとごめんね分かっていたんだ。

海老名さんが許してくれるのなら正直彼も重荷になっていたので主人にばれたからと断ると約束した。

最初は貴方も寂しいでしょうからと、近くの会社経営のご夫婦と交換しました。妻とは好きになったらいつでもデートしても恨みっこなしと約束しました。

妻は海老名がセックステクニックがないので60代で財力のある男が好みで月に2~3回新しい男とセックスをたのしむようになり雑誌では有名人になりました。

ダンスの彼とは別れたようですが会社の社長はじめ会社の方10人以上に抱いていただいたと話しています。

娼婦になれば良かったとかぬかしております。そんな妻が愛おしくていまだに毎日一回は妻の抱かれる姿を想像しながら抜いています。

寝取られこの人生最高 皆さんも奥さんを羽ばたかせて下さい



感想の投稿

小話番号1205番:妻の目覚め(海老名さん)についての感想を投稿します。

  • 気に入った作品に積極的に感想を投稿し、作者を激励しましょう。
  • 作品への批判、非難、中傷、ストーリーの先読み厳禁
タイトル

ハンドル

本 文

削除キー

削除キーは、後でメッセージを削除する場合に必要です。
※簡単に推測されない文字列を入力してください。

チェックすると、削除キーをもとに一意の文字列を表示し、本人であることのe証明をすることができます。

戻る