メニュー ログイン

小話番号1130
 ★
従兄弟との恋

敬子 (名古屋市)   2018-07-08
  感想集

従兄弟との恋は、私がまだ学生時代。自宅を離れて従兄弟の住む土地に住む所から始まった。
大学が決まり、両親と共に、親戚の家に、大学入学を知らせながら挨拶。
この時、10年ぶりに従兄弟との再開する。
お互いにちょと、ぎこちない挨拶。「大きくなったね!」と、、。
心の中で、「大きくなったね!」はないだろうが、、「可愛くなったね!」とか、「綺麗になった!」など、言い方あるだろうが??(失礼なやつ)と、思いながらも、、昔の面影を残しながら、身長も高く、顔も、、正直言って、イケメン。何でも有名大学で、運動部(空手部の主将)。
それなのに、私は、背は低く、、私の大学は、レベル低く、、。完全に負けている。

挨拶を終わり、両親と共に大学近くの1DKのアパートに、行くことに、、。
でも、両親と共に、地理が解らず、、従兄弟の車で案内されて、4人で行くことに、、従兄弟の家から、約30分。車で移動。車の中で、、従兄弟は「解らない事があれば何なりと言って!」と、、両親も、「従兄弟のお兄ちゃんが居て、安心だな!」などと、、。
電話契約してあるアパートに着いて、、、。
取りあえず、その日から住む事に。希望と不安が混ざった一日でした。
大学のオリエンテーションも無事終わり、ちょっと落ち着いた時、従兄弟のお兄さんが電話で「従兄弟の家に、ご飯を食べにおいでよ」と、特に、断ることもなく、OKを出すと、従兄弟のお兄ちゃんが、車で迎えに来てくれた。正直言って、ちょと嬉しい。従兄弟のお兄ちゃんの家で、ご飯を頂き、また送ってもらい、、、いい気分。お客様気分で!!そんなこんなで、、毎週土曜日は、従兄弟のお兄ちゃんが、迎えに来て、従兄弟のお兄ちゃんの家で、御呼ばれ。4月、5月と続き、週末は従兄弟のお兄ちゃんとデート気分。5月に入って、いつものように、迎えに来てくれた、従兄弟のお兄ちゃんの車に乗って、、、「今日は、ちょっと寄り道するね!」と、告げられて、観光案内?お城の公園公園に、寄る事に、、公園の駐車場は、静かな?、、カップルの車が数台。車を止めて、いきなり「キス」してきた???えーーーーー。ちょとビックリ。初めてではないが、従兄弟のお兄ちゃんが、なぜ???私は逃げる事もなく、戸惑いながら、、。でも、何度も何度も「キス」され、従兄弟のお兄ちゃんに、車の中で抱きしめられた。正直言って、嬉しかった。男性経験は初めてじゃないけど嬉しかった。従兄弟のお兄ちゃんが、「敬子、可愛いョ」て、褒めてもらったから。
「キス」の後、従兄弟のお兄ちゃんと二人で、公園を散歩。お兄ちゃんから手を伸ばして、私の手を捕まえて、手を繋いで、散歩。まるで「恋人」の様に、お城の公園を散歩していると、少し暗闇に来ると、また「キス」をされた。今日初めて従兄弟のお兄ちゃんと「キス」をしたのに、何の抵抗もなく自然に「キス」をされた。2回目の「キス」の時、お兄ちゃんは、「敬子も舌を入れて!」と言われ、私も「舌」を入れた。二人の「舌」を確かめる様に、しばらくの間、離れなくなり、二人で「キス」をしながら、公園の散歩道で抱き合っていた。嬉しかった。またお兄ちゃんと手を繋いで散歩。でもすぐにお兄ちゃんが「キス」してくるの。もう私は従兄弟のお兄ちゃんに夢中になってる。公園でのデートを終えて、また従兄弟のお兄ちゃんの家に、、晩御飯を御呼ばれして、また従兄弟のお兄ちゃんの車で、送ってもらい。今ままでは、これでおしまい。でもこの日は、送られる車の中で、「キス」、何度も「キス」され、もうメロメロ!!嬉しくて、楽しくて、、この後、港に寄り道。車を降りて散歩。?その時従兄弟のお兄ちゃんから「キス」されて、抱きしめられて、、、楽しいデート?でも段々と、怖くなって、。港の公園で、散歩を終えると、私のアパートに、。従兄弟のお兄ちゃんは、「部屋まで送るよ」と、私のアパートの部屋に来てしまいました。私は、さすがにSEXはマズイと思い、部屋に来たお兄ちゃんに「キス」されながら胸も触られている時、「これ以上はダメ」と告げると、「SEXはしない。キスと触るだけ」と言われた。私は「本当にSEXはしない?」と念を押すように言った。お兄ちゃんは、「約束は守る。絶対にSEXはしないから」と、、。私は、「分かった。お兄ちゃんを信じる」と、。その日、自分からTシャツを脱いで、ブラも取り、下の下着だけ付けて、「これ以上は脱がさないでね!」と念押して、お兄ちゃんも「分かった」と答えてくれて、私は嬉しくて、お兄ちゃんに抱き着いた。その夜、私とお兄ちゃんは狭い私のお布団で、何度も「キス」され、「キス」して、私の胸を揉みながら、下着の上から、性器の所を指で撫でて、何度も性器の所を撫でてくるの!でも、それ以上は無くて、私は安心して従兄弟のお兄ちゃんと、何度も抱き合って、楽しい恋人?
そんな従兄弟のお兄ちゃんとの恋人との楽しみも夏休みまで続き、SEX無しでも付き合ってイケる!と思ってた。
夏休みまでの日々、従兄弟のお兄ちゃん率いる空手部の後輩たちと、私の住むアパートの同級生で、「合コン」をしたり、、従兄弟のお兄ちゃん率いる空手部の後輩たちと、私の大学の同級生とも、「合コン」をして楽しんだ!!。でも、ちょっと心配。私の同級生の友達は「従兄弟のお兄ちゃんは、彼女はいるの?」と聞かれるたび、まさか従兄弟のお兄ちゃんは、私と「キス」をする関係とは、言えず(微妙な気持ち。)強がりで、「彼女はいないみたい。」と嘘を!!
言ってしまった。同級生の中で、一番おとなしい子(有子)を従兄弟のお兄ちゃんは、私の目を見ながら、「ちょっかい」を出していたので、私は、従兄弟のお兄ちゃんに、「有子ちゃんと、付き合ったら」と、、。有子ちゃんもまんざでもなく、従兄弟のお兄ちゃんが、早速、次の日曜日にデートのお誘いをして、私は、「有子ちゃん、デートに行って来たら、」と、言ってしまった。
次の土曜日は、いつものように、従兄弟のお兄ちゃんとデート。迎えに来てくれて、途中の公園で散歩をしながら抱き合って一杯「キス」。ご飯を御呼ばれして、帰り道でも「キス」しながら、、当然私のアパートに、部屋まで送ってもらい、二人は抱き合うの。もう夢中になってる。SEXはなし!!でも「心から好き」二人で抱き合って、確かめ合って!二人とも「好き」同士。。でも少し怖い。だって二人は従兄弟同士。付き合ったらダメな存在。そんな気持ちで、。
でも、しっかり従兄弟のお兄ちゃんと、有子ちゃんは、初回のデートで「キス」をして、二回目のデートで、SEXをして、、「何と手が早い!」、「早過ぎ!!」。ちょと従兄弟のお兄ちゃんに、呆れる!!しかも有子ちゃんは、バージンで、もう!本当に呆れる「従兄弟のお兄ちゃん」ででで、す。そんな気持ちを持ちながら、週末の土曜日は、いつものように、従兄弟のお兄ちゃんとデート。いつものように、お兄ちゃんの車に乗り、公園で散歩をしながら、、「キス」。何度も「キス」をして、、抱き合って、確かめ合って、、、
従兄弟のお兄ちゃんの家で御呼ばれして、帰りの車の中で、抱かれて、、この日は、いつもと少し気分が違うの。抱き合って、私の下着(性器の当たる所)を何度も擦りながら、
従兄弟のお兄ちゃんは、「敬子が好きだ!愛してるよ」て、囁くの!何度も「敬子の事が好きだ。この胸も、ここも」と、私は、「本当に、私が好き?」と尋ねると?「もちろん敬子の事。この胸、この身体。そして、ここも!」と、私の性器のある所を、下着の上から、擦ってくるの!この日は特に、何度も!私は声を上げる事を抑えるため、夢中になってお兄ちゃんと「キス」をして、紛らわしたの。でも、段々と限界?従兄弟のお兄ちゃんは、「コンドームをするからSEXさせて」と、「キチンと避妊するからSEXさせて」と、、私は、「痛くしない?」とお兄ちゃんに聞き、従兄弟のお兄ちゃんは「優しくするからSEXさせて」と、、。私は、もうSEXしたくて、、でも従兄弟同士で、SEXしたら、、不安もありましたが、従兄弟のお兄ちゃんが「好き」なので、「OK」をしました。従兄弟のお兄ちゃんは、車を走らせてラブホテルに行きました。お兄ちゃんは優しく「キス」をしてくれて、私を優しく脱がして、私の身体全体を舐めまわしてくれました。私は、喘ぎ声を出すのをこらえるのが必死で、もう夢中になってる。お兄ちゃんは、私の性器に指を入れて、何度も確認する様に、何度も指を入れて、濡れてきます。私は喘ぎ声をだすと、優しく「キス」され、、、、。「ちょとまってね!」と言ってホテルの備え付けのコンドームを付け(私は黙ってお兄ちゃんがコンドームを付けるのを見ていました)私に優しく「キス」され、優しく抱かれて、、SEXしました。その時私は、「私を抱かなくても他にいるのに!」と言った。でも従兄弟のお兄ちゃんは「俺の事好きか?」と尋ねられると、私は、夢中になってお兄ちゃんを抱きしめました。
従兄弟のお兄ちゃんとの、初めてのSEX。お兄ちゃん「好き」何だか「ホットな気分」に!でも私は以前、「SEXした経験はない!」と言っていたので、、。少し心配。、、
従兄弟のお兄ちゃんと、結ばれて、確かめ合って、一晩中、お兄ちゃんの太い腕の中で過ごした。私は、従兄弟のお兄ちゃんと、離れたくない!状態。でも、やはり朝が来た!お兄ちゃんは「おはよう!昨日は可愛かったョ。」と「キス」をしてくれて、また二人は、愛し合った。きりがないほど、二人とも止めれない、、。でも、、二人ともお腹が空いてきて、一緒にシャワーを浴びて、ホテルを出る事に。
車に乗りホテルを出た時、太陽が眩しかった。車の中で、お兄ちゃんは「敬子は、SEX初めてと言ってたが、違ってたね!」と、笑い顔で言われて、私も笑い顔で「バレタ?初めてじゃないのは、分かるの?」と、言い返した。お兄ちゃんは「分かるさ!敬子の事は、」と、、でもそれ以上は、何も聞かなかった。その後、車で私のアパートに送ってもらい、それぞれ別の用事があるので、お兄ちゃんと、分かれてました。初めて、従兄弟のお兄ちゃんと結ばれた事を誰かに聞いて欲しくて、、、、。
あくる月曜日、大学で友達数人でランチを食べている時、同じ学部の久美ちゃんから、有子ちゃんに、彼が出来た事を聞いて!正直言って、複雑な気分に!!顔は笑い顔で「有子ちゃん、良かったね!」エールを送った。何でも昨日の日曜日に、デートして、海までドライブに行って来た、と、そして、有子ちゃんが、アパートに、帰って来たのは、月曜日の朝だと聞き!ショック!!!!!。心の中で、従兄弟のお兄ちゃん、よーーやる。もう!呆れる!!気分悪。最悪、、と
午後の講義も、力がはいらん状態で。
でも、週末、土曜日は、従兄弟のお兄ちゃんは、いつものように、迎えに来てくれた。この日は、お兄ちゃんの所のおばさんが、お出かけのため、二人で食事に!この日は、私がリクエストをして、パンプキンのお店で食事。その時私は、従兄弟のお兄ちゃんに「有子ちゃんと付き合っているの?」と正直に聞いてみた。お兄ちゃんは「少しね」と。私は、それ以上は、聞けなかった。その後、二人で夜のドライブ。色々な所に連れていってもらった。海の見える公園。工事中タワー(何故か非常階段の扉が空いていた)二人で登った。夜景を見ながら、「キス」した。何度も、目を見つめ合って「キス」。もう一度「キス」。何も考えずに。その後、何故か神社に行き、深夜に二人で参拝。二人で歩いている時も、何度も「キス」。私もお兄ちゃんも周りが見えない。
その後、二人で、ラーメンを食べて、、ホテルで、お兄ちゃんに、抱かれながら、自然に眠りに、、。
次の朝、私は、アルバイトを始めたので、お兄ちゃんと分かれて、、(本当は、アパートに、送ってもらいが、同じアパートに住む友達に見つかるとマズイので)途中で降ろしてもらい、地下鉄で自分の住むアパートに。そんな日々を楽しく(正直言って、複雑??)過ごした。
7月に入って、同じ大学の先輩たち(男の)が、海に誘われて、私と有子ちゃんと久美ちゃんが、行く事に、、日差しの強い日に海。三人とも水着姿。この時、特に、何もなかった。でも、肩から背中を「日焼け」して、真っ赤に!!帰りの車の中で、背中が痛くて!痛くて!悲鳴をあげながら、やっとアパートに帰宅。。
従兄弟のお兄ちゃんは、有子ちゃんが、他の男と海に行った事を、聞いていなかったので、、、。
次の日、有子ちゃんが、従兄弟のお兄ちゃんに、他の男の人と海に行った事を報告して、「ごめんなさい。」と、、ちょと、微妙!!な雰囲気に!何故か私が従兄弟のお兄ちゃんに、何もなかった。と説明して、有子ちゃんが、日焼けして大変だった事など、、この後、それぞれ忙しく、、。もうじき、学生は夏休み!!
7月に入り、人により、大学は、テストだったり、アルバイトだったり、部活動だったりする。従兄弟のお兄ちゃんの後輩たちの中で、私の友達と、付き合う人も、、でも、同時に2人、いや3人と付き合う人もいる。友達の久美ちゃんは、私から見ても綺麗。お誘いが多く、それなりに忙しそう、、。私の友達の中で、唯一大学入学までバージンだった有子ちゃんは、お姉さんが夏休みで、有子ちゃんに会いにきた。二人でホテルに宿泊して、有子ちゃんのお姉さんは、有子ちゃんから、初めての彼氏の事を、嬉しそうに聞かされて、、。有子ちゃんは、お姉さんに、私の従兄弟のお兄ちゃんを、「私の彼」と紹介して、3人で食事。その後、夜景を見に、そして、有子ちゃんの大学と、お兄ちゃんの大学も見せに(車で大学の前を通る、、)、で、海辺の海岸まで足を伸ばして、、。夜遅くなると、有子ちゃんは、久しぶりのお姉さんと、よほど嬉しかったのか、疲れて車の中で寝てしまった。(やはり、まだ子供?)その後、お兄ちゃんと有子ちゃんのお姉さんは、海辺の散歩??(色々あったみたい。手の早い従兄弟のお兄ちゃんだから、、、。)散歩を終わり、後部席で寝ている有子ちゃんと、助手席のお姉さん??は、二人の宿泊ホテルに、、。ホテルに着いて起こされた有子ちゃんは、お兄ちゃんのブレザーで包まれて、お姉さんから「今日はありがとうございます。」と社交辞令を言われて、お兄ちゃんと別れた。(後で、有子ちゃんは、お姉さんから、あの人は、気を付けてね!と、注意されたと、)(私は、その後、従兄弟のお兄ちゃんから、有子ちゃんのお姉さんと、海岸で散歩して「キス」した事。もう!!!!。よーやるわ=====。本当に、それだけかーーーー。と、。そんな事言わないで!!何で、私に教えるの?私をからかって、面白いの?)と、口には、出せないけど、私の事は?と、でも、その後、従兄弟のお兄ちゃんと有子でちゃんは、デートを重ねて、動物園に行ったり、一緒に飲みにも、、対して私は、夜のデートで、、、私も、動物園や遊園地で、デートをして、楽しみたい!。と思いつつも、おおぴらに、出来ない、二人の関係。二人は従兄弟同士。そんな複雑な気持ち。従兄弟のお兄ちゃんは、有子ちゃんとのデートの後、必ず、色々な所にあるラブホテルに!毎回違うホテル行くので、有子ちゃんは、友達に毎回、嬉しそうに「お話」をします。(なにせ有子ちゃんは、お嬢様育ち)今日は、綺麗な西洋のお城の形のホテルに!前回は、ホテルに温泉とサウナが、付いていた事も!友達から、話が回って来ると、正直言って、寂しい。でも私から、従兄弟のお兄ちゃんに、色々な所に、連れて行ってとは、言えないし、、。そんな週末、いつものように、お兄ちゃんが、迎えに来てくれた。(本当に、この時は、私専用!!)車を走らせて、お兄ちゃんとの会話「有子ちゃんは、「恋」に恋してるだけ!」と聞かされて、不思議な気分に。「正直言って、お兄ちゃんと、あまり会わない方が、いいのかな?」と言ってみた。お兄ちゃんは「敬子がそうしたいなら、それでもいいよ!」と、寂しかった。、、、。次の週末は、「アルバイトが有るから、」と従兄弟のお兄ちゃんに、断った。
そして、、来週から学生は夏休み!アパートにいるほとんど、帰省して、有子ちゃんも私も、、ただ、従兄弟のお兄ちゃんは、「有子ちゃん」が自宅の電話番号を教えてくれない!と、、寂しそうでした。8月のお盆に、親戚の集まりでは、従兄弟のお兄ちゃんと、わざと、顔も合わせずにいた。
8月の終わり頃、従兄弟のお兄ちゃんから、電話。友達と海に行った「おみあげ」を渡したいと、その後、私のアパートに、「おみあげ」を2個。私と有子ちゃん用に!「お守り」でした。「学業と交通安全」あと、、有子ちゃんの「お守り」には、文章が面白くて今でも覚えている「神様お願いです。どうか妹より、美味しいものが、沢山食べれますように!」と書いた、お札が、、。私には、特に、面白いお札があるわけでもなく、、。でも、後日、従兄弟のお兄ちゃんからの「おみあげ」を有子ちゃんは、私と交換に来ました。
「本当は、交換したくないけど、私は、妹だし、敬子ちゃんの方が、似合うと」、、。その事を、従兄弟のお兄ちゃんに伝えると「面白いお札を、本当は、敬子にあげたかった」と、私は「嬉しいけど、有子ちゃんに、悪いし」と言った。
従兄弟のお兄ちゃんは「敬子は可愛いョ。」、「敬子の方が、好きだよ」と言われて、嬉しいけど、呆れてしまう。そんな従兄弟のお兄ちゃん。
9月に入ると、私の大学では、「テスト」、、「前期テスト」が、、取りあえず講義は、ほとんど出席してるし、ノートもほぼ完璧?(変な日本語?)でも、クラスの中で、みんなワイワイ状態。同じアパートで友達の有子ちゃんは、学部が違うので、、、。ま、彼女は大丈夫でしょう。なにせ、「お嬢様育ち」だから、と根拠のない事を、、、。テストが終わるまで、従兄弟のお兄ちゃんとも会えず(本当は、会いたいけど、今は、勉強して、単位を落とさないように頑張ります)、当然有子ちゃんとも、会えないハズ?、、が、、従兄弟のお兄ちゃんは、専門が違うのに、有子ちゃんの勉強を見てあげていた。大学生の家庭教師?、、何と有子ちゃんの学部(お兄ちゃんの大学にも、有子ちゃんの学部と、同じ専門の学部が有りました。)、、しかし、1年生は、ほとんど一般教養。従兄弟のお兄ちゃんは、有子ちゃんに英語、第二外国語のドイツ語を、教えていました。、、私は、英語と第二外国語は、「中国語」、、。(従兄弟のお兄ちゃんは、中国語は、分かりません)。テスト期間中も従兄弟のお兄ちゃんは、時々、有子ちゃんの部屋に来てます。(車が止まっているので、すぐ分かる)従兄弟のお兄ちゃんの大学と、私の大学では、「テスト期間が違う」と、お兄ちゃんからは、聞いていましたが、、それにしても、、。何だかな!私と有子ちゃんの、「取扱いの違い?」、、。で、そんなテスト期間も終わり、講義も始まり?、、次の目標は、「学園祭」?。従兄弟のお兄ちゃんとの「夜の週末デート」を暫くしていなかったので、久しぶりの「「お迎え」。いつものように、車で迎えに来てくれて、、デート。車の中で、信号待ちで「キス」。信号待ちになると、もう一度「キス」何度も繰り返していると、お互いに笑えて!、、。でも嬉しいョ。いつもの公園に着くと、お互いにキスしながら抱き合って、、もう夢中です。車の中で抱き合っていると、車の横を通り過ぎる人に、気が付て、、何だか恥ずかしい?お兄ちゃんに「見られてる」と呟くと、「いいよ。見られても!敬子が好き」と、、言われた。とっても嬉しかった。私も別に、裸で抱き合っているわけでも、ないし、、ま、、いっか、、と。その後、二人でホテルに、、ホテルの駐車場でも、待ちきれなくて、キスしながら抱き合って、、お兄ちゃんが、「ここではきりがない。」と言って、ホテルの部屋に!!ホテルに入り、正面玄関?にホテルの部屋が映し出して、、。私は、このラブホテルは、初めて。前に来たラブホテルより、豪華!
凄く綺麗。(でも、高そう?)部屋を映し出しているパネルに金額が表示されて、その金額が、全部1万円以上!こんな金額が高いホテルに来て、いいのかな?少し心配。こんな金額が高いラブホテルに行かなくても、いいのに。心配しながら、従兄弟のお兄ちゃんの顔を見ると、、「金額は気にしなくていいよ。」と返事が、。お兄ちゃんは「どれがいい?」と私に、どの部屋にするのか、聞いて来る。私は、どの部屋にするのか選べるほど、経験もない。(だって、高校生のこ頃は、彼氏の家か、先輩と、付き合っていた頃は、国道沿いのラブホテル)私は、一番安い部屋を指さした。が、お兄ちゃんは「この部屋にしよう!」と部屋のボタンを押した。
私は「大丈夫なの、もっと安い部屋でもいいョ。」と、言ったが、もう遅い。従兄弟のお兄ちゃんに、「手」を握られながら、エレベーターに、、お兄ちゃんはエレベーターの中でも、私に「キス」をして来た。私も、お兄ちゃんの事が、好きで我慢できなくて、私からお兄ちゃんを抱きしめた。エレベーターが、7階に着いて、部屋番号が、点滅している部屋に、、入って、ビックリ。凄く広い部屋。大きなテレビ(今では、液晶テレビで大きいけど、この時は、懐かしいブラウン管のテレビ。)。ビックリしていると、お兄ちゃんが、「キス」をしながら、胸を揉んで来た。私は「ちょと待って!、先にお風呂に入ろ!」と、「私、汗でベタベタだから、」と、、お兄ちゃんも「じゃあ、一緒にお風呂に入ろ!」と、何とかセーフ。身体もベトベト状態。あそこもベトベト状態。服を脱いで、いざ、お風呂に!大きなお風呂。お風呂場にも「テレビ」が有り。(ここまで、要るか?と思いながら、)私は、身体全体をシャワーを浴びる事に、、お兄ちゃんは、シャワーを浴びている私を抱き寄せて、優しく「キス」され、シャワーを浴びながら、お互いの身体を確かめ合って、そのまま静かに、「じっとして」抱き合った。私は、別に「エッチ」でもなく、「イヤらしい」事もなく、愛し合って、抱き合った。何も考えず、「嬉しかった。」お兄ちゃんと、こうして、要られる事に。幸せな時。暫くして、お互いに、身体を洗い合った。初めは、お兄ちゃんから、手の平、手の甲、腕、それから、、背中。前を向いてもらい、身体の前それから、男性の大事な所も、泡の付いたスポンジで、私も、お兄ちゃんも、少し照れたけど。照れ笑いしながら、洗ってあげた。次は私。「自分で洗うから!」と言っても、「僕が、敬子を洗う」と、私を洗ってくれた。男の人に身体を洗ってもらうのが、本当に恥ずかしくて、、、黙って、洗ってもらった。お兄ちゃんは「敬子の身体は、可愛いョ」て、言いながら、私の胸を舐めた。、、すると、「げーー。石鹸の味だーー。」と、私は「もう!当たり前。泡の付いた胸を舐てーー!」と、少しおかしかった。(笑えた)変な事をする、従兄弟のお兄ちゃん。それでも、シャワーを私の身体に掛けて、私の胸に手を添えて、舐め始めた。私の胸は、感じやすいので、今日お兄ちゃんと「キス」を始めてから、乳首が立っている。そこを、こんなに触られたら、もう、立ってられない。、、お兄ちゃんと「キス」をしながら、、私の胸を撫でまわして、その手で、下に手を伸ばしてきた。私の性器を撫でて、強引に足を広げて来て、、
私の性器に指を入れて来たの!。下半身に力が入らない。
恥ずかしいのと、感じ過ぎて、濡れてきたのが、もっと恥ずかしい。、、お兄ちゃんは、私の胸に「キス」しながら、、舐めて、、それでも、指を入れたまま、、指を動かしている。私は、お兄ちゃんに「強く動かすと、痛いよ」と、言ったら、「ごめんね!優しくするから、、」と言って、そのまま、私は、お兄ちゃんに、されるままに、、。その後、私の太ももを両手で、抱きしめて、前か舐めてきた。「お兄ちゃん、汚いョ。止めて!」と、言っても、お兄ちゃんは、「汚くないよ!可愛いョ」と、言って止めてくれない。私は、お兄ちゃんが、好きだから、動けない、、。しばらくの間、、2人とも、シャワーを浴びながら、私は、お兄ちゃんに、「愛撫」されて、、最後に、、もう一度「キス」されて、「敬子、ベットに行こう!」と言われると、私を抱き上げた、「お兄ちゃん、危ないから、下して!」と、、、お兄ちゃんは、私を下して、手を引っ張って、浴室を出た。それでも、強引に、ベットに行こうとするので、「バスタオルで、身体を拭いてから、、」と言ったら、お兄ちゃんは、私の身体を、ポンポンと、、まるで赤ちゃんの身体を拭くみたいに、、私も、「お兄ちゃんの身体を拭いてあげる」と言ったら、両手を上げて、大の字の格好に、、私に身体を、見せつける様に、、私は「もう、世話のかかるお兄ちゃん」と、笑いながら、、身体を拭いた。嬉しかった。お兄ちゃんが、私に身体を任せてくれて、、。身体を拭いていると、目の前に、お兄ちゃんの大きくなった「おちんちん」が、、見ていると、可笑しくって、、それを、お兄ちゃんは自分で持ち、「敬子」と呼ぶと、「これを口で、加えろ!」と、半分強引に、私の「口」に押し込んでいくの。私の頭を抑えて、本当、強引に、お兄ちゃんの「おちんちん」を、口で加えさせられた。喉の奥まで入れて来て!「ごほ、ごほ」と、息が出来ないほど、、今まで優しかったのに、急に怖い言い方で、「しっかりと、口で、加えろ!」、怒る様に、、私の頭を、両手で抑えて、「もっと奥まで入れて、、」と、凄い力で、私の頭を、まるで「オモチャ」の様に、おちんちんを「口」で加えさせて、、「しっかり、口で、ズボズボするんだよ!」、、「俺のザーメンを飲むまで、しっかりしゃぶれ!」と、、ちょと、怖くなってきたけど、止めれない。私は、夢中になって、両手で、お兄ちゃんの、太ももを持ちながら、しゃぶりついた。息が苦しいけど、止めさせてくれない。お兄ちゃんは、私の頭を、振り続けて、、しばらくすると、「ほーーら、ザーメンが、出るから、、敬子、口を離すなよ!」と、命令され、私の口にお兄ちゃんのザーメンが、、どくどく出てきた。私の口に入りきらないザーメンが、口から「ごぼ、ごぼ」と、こぼれた。。。それを見たお兄ちゃんは、「何やっている。口を離すな!全部飲め!!」と、怒って言われた。怖かった。「優しい従兄弟のお兄ちゃん」なのに、、。怒って言われたので、お兄ちゃんの、言われるまま、一生懸命に「口」でおちんちんを加えてた。その後すぐ、私の口に、ザーメンが、入って来た!、、「ゲホ、ゲホ」と、むせてきて、やっぱり無理!口からザーメンが、こぼれていくの。それを見てた、お兄ちゃんは、私の頭を抑えて、強引に、「敬子、俺のちんぼ、離すなよ!」と、、私は、泣きながら、逆らえず、無理やりザーメンを飲まされた。その後、「ごめんね!敬子に興奮して、、強引な事をして、ごめんね!」と、さっきと、違う優しさ、、私の胸を撫で回しながら、乳首を舐めてくるの!身体に力が入らない!!。その後は、またいつものように、優しい従兄弟のお兄ちゃんに、一杯、愛された。、、、、その後、お兄ちゃんの腕枕で、抱かれながら、ゴロゴロしてると、「敬子!、今日の様に、ザーメンを、お前に飲ませたい!SEXで、生出しできないから、お前の口に、ザーメンを飲ませたい!」と、、お兄ちゃんの腕の中にいると、なんだか嬉しくて、「いいョ。お兄ちゃんのザーメン飲むね!」と、言ってしまった。でも、お兄ちゃんも、「敬子が、可愛いから、飲ませたい!」て、、、。私も、お兄ちゃん大好きです。でも、時々、従兄弟のお兄ちゃんが、怖かった。お兄ちゃんに、誘われると、(心の中で、断ると、悪いかなー、て、思う)。お兄ちゃんの、腕で、抱きしめられると、嬉しいし。優しく、唇も、ほっぺも、、、首なんかも、キスしてくる。
朝、目を覚ますと、お兄ちゃんの腕の中。一晩中、お兄ちゃんと、一緒。お兄ちゃんも、目が覚めて「敬子、おはよう。」て、優しく「キス」してくれた。そしたら、すぐSEXが始まり、されるまま、抱かれてたら、「敬子、ほら、朝から、おしゃぶりをして!」と、言われるままのおしゃぶり、お兄ちゃんは、よほど私に、おしゃぶりさせるのが、すきなんだなー。て、、。私は、他の人は、知らないが、おしゃぶりに、何の抵抗もないので、お兄ちゃんが、喜ぶなら、、。
夏も終わり、秋色が強くなる頃、私は、大学生活も楽しく、バイトも忙しく、、友達の有子ちゃんは、バイトを変わり、、従兄弟のお兄ちゃんも、忙しそう。有子ちゃんと、従兄弟のお兄ちゃんのデートも、11月に、入ると、デートも、ひと月に、1回。電話は、してるみたい。私も、従兄弟のお兄ちゃんとのデートも、月1.嫌いになったわけでもないが、やはり、従兄弟のお兄ちゃんとの付き合いは、抵抗があるし。大学の先輩と、付き合い始めてたから。有子ちゃんも、同じ学部の同級生とも、付き合い始めてた。
12月になると、大学での講義も、あとわずか、、(そう思っているのは、私だけ?)今年のクリスマスは、、誰と過ごすか?、と、思いながら、
突然の出来事が、、何と、従兄弟のお兄ちゃんが、結婚すると、実家の母から、電話で聞かされ、、???「えーーーーー」誰と??何も考えられず????。まさか。お相手は、以前からお付き合いをしていた人と、、。なら、その間に、私と、有子ちゃん、とも、付き合っていた事に、もう!本当に信じられない。でも、、少し寂しい。大学に入って、から初めての男性。色々な所に、連れて行ってくれた。