メニュー ログイン

日記番号:1062

人妻交遊録

舘男(関東圏)


  感想集

美智子④子連れデート

一度抱かれ 主人の下手なセックスしか知らなかった人妻(高校時代ソフトボールで県代表で1塁4番バターで国体出場する)不倫でセックスの良さを知ってしまった人妻。

2度目のときは頼めなかったと2才の次男を連れて来た。一度経験した不倫の甘い蜜 何として抱いてもらいたいと32才の美智子奥様。

2才とは言え初めてのおじさんとお母さんが異常を感じたのだろう。喫茶店というわけにいかず駅近くのモーテルに。受付のおばさんが子連れの明らかに淫らな不倫カップルに嫌味たっぷりに一部屋2人様迄です。

チップをはずんで部屋に入れてもらった。ところが異常を感じた子供が二人の間に入り、両手を広げて母に近づけないように・・・・。母を守ろうとする けなげに。流石に勃起どころでない。

その母 美智子は早く抱かれたくて何とか寝せつけようとするが息子だって必死で抵抗して中々寝ない。流石に両手を広げる息子の前で抱く訳にはいかなかった。

素っ裸になれと言ったら美智子は従ったと思う。

舘男もサドっ気が出て『お乳を飲ませろ』と美智子は一瞬躊躇したが抱かれたくてさかりのついた淫乱女。おっぱいを吸わせて抱いていると安心したのか眠りについた。
2回目苦労のかいあって舘男に抱いていただけるのだ。息子のことなど眼中にない。激しいキスを求めてきた。当然御万個は濡れ濡れ。舘男は不倫女にはいたるところに激しいキスマークをつける。美智子は滅茶苦茶にしてと激しく反応した。

母を見ず知らずの男から守ろうとする幼子の横で覚えたての不倫の快楽に溺れる女。美智子は孕ませと潮を噴きながら一度逝った。舘男は何とか耐えて2回戦に備える。

今度は淫乱女と口攻めで手足を縛る。いい身体しているから縛りが様になる。主人がバックの鶏セックスというから、バックを時間をかけて責め続ける。舘男も若かった(37才)

最後
『孕め!』

『頂戴!』    と生で膣の中に大量放出。

美智子はしばらく放心状態だ。急に慌てだした。排卵日 妊娠の危険日だと。

母を守ろうとした子の頭脳には母の不倫はどんなかたちで残っているのか。

度胸があるというか、開き直ったというか、こんな素敵な歓びを与えられない鶏男(御主人)。不感症女などと文句は言わせない。孕んだら産んで育てるから気にしなくていいと。今度は女上位で挑んできた。
『あなた孕ませて中にいっぱいちょうだい』と激しく腰を押し付けてくる。何も言わないが何度かわ孕んだのではおもう。

私の本妻もあなた承知(公認)で男と遊ぶように仕込んだんだからといつも避妊処置をしないで彼氏の児を2回孕み産みました。

美智子さんとは今も愛し合っています。縛りでも何でも嬉々として云う通りになった最高の女です。

表紙の写真は美智子と名古屋の駅前のモーテルでのものです。付き合い初めて5年後のものです。 




前頁 目次 次頁