メニュー ログイン

日記番号:110

異常愛に燃える妻

(関東)


  感想集

12.貴方の女に

「脇屋さんが犯人だとわかって 私ほっとしたのよ S社長に相談したら」

「私貴方の女になると漠然と思ったわ」

「脇屋さん 課長の彼女の大貫さんとも熱々でしょう」

「私も淫乱人妻で大貫さんに嫉妬していたの」

「誘ってくれないんだもの私脇屋さんの云う事なら何でも聞くわ」

「わすれるな 今の言葉 俺ってどうしょうもないヤクザもんだぞ!」






前頁 目次 次頁