メニュー ログイン

日記番号:110

異常愛に燃える妻

(関東)


  感想集

7.社内の目

彩子さんは相当のあばずれ人妻?

「おはよう」明るく彩子さん。何だかきまり悪い。微笑みの顔から、白い全裸の絡みが目に浮かぶ。彩子さんはウインク。『私 脇屋さん 今日から貴方の女よ』云わんばかり。

彩子さんとは職場は同じで、私が責任者の係長。そのラインで働く美人で仕事が出来る評判の奥さん。S社長は古くからの会社の下請けで3人の社員と今は私のラインを手伝っている。

S社長も覗き見をしてドアーを開けて逃げたのが私であるのは、昨日白状したから彩子さんから聞いていて知っているだろう。挨拶もお互いぎこちない。

今日も彩子さんと昼食を同席した。彩子さんは人目も気にせず昨日とは打って変わって世話女房だ。こちらが戸惑う。

不倫現場の目撃を社内雀の桜さんに話してしまった。後悔しても始まらない。でも、桜さんの後押しがあったからあんな大胆な行動がとれ、憧れの彩子さんをこうして私の女にできた。社内中に大人しい彩子さんの不倫話は広がったと思う。桜さんたち社内の悪女3人(それぞれ暗黙承認の社内夫がいる)が睨むような嫉妬の目で私たちの処を見ている。

明日は運動会 彩子さんに「この前Sさんに乗せてもら所で待っているから」。にっこり肯く。どうも彩子さんは相当の遊び人で強か女のようだ。翻弄されることになるのだろうか。

前頁 目次 次頁