メニュー ログイン

日記番号:110

異常愛に燃える妻

(関東)


  感想集

14.社内の掃除や彩子

愛欲に目覚めた彩子はその開き直りで男のファンもできた。

彩子は仕事はよくでき、のみこみも早く上層部には受けが良かった。

噂を聞いた口を聞いたこともない矢口部長がすれ違いざま、「頑張っているね」と嫌らしい顔で声をかけてきた。あとでね。「・・・・?」

家に帰った。風呂からでて 1時間ほどして電話が鳴った。

「もしもし 〇〇です」

「もしもし矢口です」と、一瞬わからなかった。
「どちらの矢口さまで?」
「部長の矢口です」
「部長さんがなんのご用件でしょうか」
「彩子さんご挨拶ですね」
「今 大和で飲んでいるんです。一緒に飲みませんか」

話は分かっている。結構短刀直入だ。男に飢えている彩子はこんな男が好きだ。

躊躇しない。


前頁 目次 次頁